Information Security Policy

情報セキュリティ基本方針

当社は映像と情報メディアに欠かせない情報処理システムとリアルタイムCGシステムの開発により、
付加価値の高い技術サービスを創造、提供することが社会の公器としての役割と認識しています。
その上で、当社が業務上知り得た情報を、機密性・完全性・可用性の観点から適切に管理・保護するため、
以下の項目を順守して参ります。

1.法令の順守

情報セキュリティ及び情報処理に関連する法令・規制・規範を順守するとともに、契約上の責任事項を履行します。

2.リスクマネジメント

情報資産のリスクアセスメントを実施し、リスクマネジメントを適切に行うための管理策を決定し、これらの実施手順を定めます。

3.セキュリティリテラシーの向上

従業員に対し定期的に情報セキュリティ教育、意識向上教育を実施し、セキュリティに対する意識をもって日々の業務を遂行することを求めます。

4.インシデント管理

情報セキュリティ関連の事件・事故が発生しないよう予防策を策定しますが、万が一、事件・事故が発生した場合の報告・対応体制を整備します。

5.業務委託先に関するセキュリティ管理

業務委託を行う際は、業務委託先をセキュリティの観点から評価し、当社と同様以上のセキュリティ品質であることを確認します。また、その状態が維持されていることを定期的に確認します。

6.内部監査の実施

情報セキュリティを目的とした内部監査を定期的に実施し、客観的な視点からセキュリティ、及びそのマネジメントシステムの品質が維持されているかを確認します。

PAGE
TOP