Sports CG service

スポーツCGサービス

スポーツCGサービス for TV

スポーツ中継に欠かせない情報グラフィックス。年間およそ1300番組のテレビ中継にCGを提供しています。
あなたが目にしている番組のテロップは、きっとテクノネットのサービスです。

スポーツCGシステム開発

スポーツCGシステム開発

テクノネットは、日本国内でテレビ中継されるすべてのスポーツ競技に向けて、スポーツリアルタイムCGシステムを開発してきました。その数は100種目を超えて今も増え続けています。 “ライブ”ならではの、“その場の出来事を素早く伝える”というニーズに対し、テクノネットは機器やソフトウェアを開発するだけでなく、“スペシャリスト”という人財を通して、失敗の許されない放送現場のシステム運用を担っています。 常に新しい情報演出を目指して改善され、進化を続けるCGシステム。それを私たちテクノネットは”スポーツコーダ”※と名づけました。

※ 商標登録番号第2477171号、第2587648号

キャラクタージェネレータリアルタイムCGエンジンスポーツコーダアプリケション(自社開発)

キャラクタージェネレータリアルタイムCGエンジンスポーツコーダアプリケション
(自社開発)

CGシステム運用サービス

CGシステム運用サービス

テクノネットは、映像表現の現場でリアルタイムに情報CGを送出する熟練した運用技術者を提供してきました。私たちはそれを単なるシステム・オペレーターとは捉えていません。

スポーツ競技の映像演出に欠かせない情報CGを、絶妙なタイミングで届けるためには、高い技術力と経験が必要です。このサービスは、種目や競技場ごとに異なるタイマーや計測機器から情報を受け取る必要があるため、テクノネットは必要な機材準備や事前テストも担当。テクノネットの運用技術者は、その瞬間の感動をCGという仕組みで演出する役割を担っています。

CGシステム運用サービス

実績

実績

テレビ放送のスポーツ番組で、テクノネットが手懸けるCGは、年間におよそ1300番組に及んでいます。
1988年のソウル五輪以降は、オリンピックを含むほとんど全ての主要な国際大会での
スポーツCG運用に実績があります。
主要なスポーツ大会では、国際映像制作のチームに参画しました。競技記録システムとのデータ通信や、独自の情報表示端末の提供にも実績があります。

主な競技

野球、サッカー、バレーボール、ラグビー、バスケットポール、ゴルフ、モータースポーツ、陸上(トラック/フィールド)、駅伝、マラソン、クロスカントリー、トライアスロン、競泳/シンクロ、体操、柔道、スピードスケート、フィギュアスケート、テニス、バドミントン、ボウリング、競馬、自転車競技、アメリカンフットボール、相撲、卓球、ボクシング、馬術、カーリング、ハンドボール、ソフトボール、ビーチバレー、飛び込み、水球、新体操、トランポリン、空手、剣道、弓道、なぎなた、レスリング、フェンシング、ウェイトリフティング、チアリーディング、綱引き、ボート、カヌー、ヨット、アエロバティックス、プロレス、総合格闘技、K-1、競輪、競艇、オートレース、アイスホッケー、スノーボード、ボブスレー、ショートトラック、ジャンプ、コンバインド、フリースタイル、リュージュ、太極拳、他

主な国際大会

  • 1988

    夏季オリンピック(ソウル)

  • 1990

    アジア競技大会(中国)/世界自動車選手権(前橋)

  • 1991

    ワールドカップバレー(東京他)

  • 1994

    冬季オリンピック(アルベールビル)/夏季オリンピック(バルセロナ)

  • 1995

    ユニバーシアード(福岡)/世界体操選手権(鯖江)/世界柔道選手権(幕張)

  • 1996

    夏季オリンピック(アトランタ)

  • 1997

    世界ハンドボール選手権(熊本)

  • 1998

    冬季オリンピック(長野)/アジア競技大会(タイ)/ワールドカップサッカー(フランス)/世界バレー(東京他)

  • 1999

    世界室内陸上選手権(前橋)

  • 2000

    夏季オリンピック(シドニー)/世界スピードスケート距離別選手権(長野)

  • 2015

    世界フィギュア(中国)/世界卓球(中国)/女子ワールドカップサッカー(カナダ)/世界陸上(中国)/世界柔道(カザフスタン)/世界体操(スコットランド)/ラグビーワールドカップ(イングランド)

  • 2016

    世界卓球(マレーシア)/世界フィギュア(アメリカ)/世界女子ソフトボール(カナダ)/夏季オリンピック(リオデジャネイロ)

PAGE
TOP